HOME > はじめて検査を受ける方へ > PET検査とは

PET検査とは

小さながんを早期発見できる画期的なPET検査

PET/CT

「PET検査」は、最先端のがん検査技術による、現在もっとも確実に早期がんを発見できる方法です。
今までは発見できなかった小さながんも見つけることができ、早期に治療を開始することで、がんの治癒の可能性が格段に高まりました。
定期的にPET検査を受けることで、がんの不安から解放されることが可能です。
全身を一度に撮影しますので、短時間に全身のがんをスクリーニングすることができます。
西台クリニックでは、PETとCTを同時に撮影する「PET/CT」を行っており、さらに正確な診断を行うことができます。

PET検査のしくみ

PET検査

PET検査は、正式名を「陽電子断層撮影法」といい、がん細胞が糖分を多く取り込む特徴を利用して、細胞の働き(糖代謝機能)を診断することで、がんを検査する方法です。
がん細胞は通常の細胞の数倍の糖分を取り込みます。この性質を利用し、ブドウ糖に近い成分の薬剤(FDG)を注射し、その成分が全身のどの部位に集積するかをPETカメラで撮影して画像化することで、がんを発見します。
患者さんは薬剤を注射後、横になった状態で撮影を行います。内視鏡検査のような痛み等もなく、短時間で一度に全身の検査ができ、早期のがんを発見することができます。

PET検査の原理

PET検査(PET/CT)の特長

PET/CTとは

PET検査単体では、病巣の位置情報の診断などが難しかったため、その弱点を補うために、PETとCT(コンピューター断層撮影法)を同時に行う「PET/CT検査」を当クリニックでは行っています。両方の画像を融合することで、より精度の高い診断を行うことが可能です。

PET/CT

PET画像

PETでは、がん病巣に集積した薬剤(FDG)が光って映し出されます。

CT画像

CTでは、身体内部の形状や位置情報を正確に撮影します。

PET/CT画像

2つの画像を融合することで、がん病巣の状態と位置を正確に診断できます。

PETとPET/CTの違い

PET検査の有効性

PET/CT検査は多くのがんに有用で、早期のがんを見つけるのに優れていますが、部位や臓器により、検出の得意・不得意があります。

PETが得意とするがん

肺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、頭頚部がん(咽頭、喉頭、甲状腺、舌)、食道がん、大腸がん、膵臓がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫、原発不明がん、転移性脳腫瘍、転移性肝がん、など。

PET検査で調べられるがん

PETが不得意ながん

胃・食道の表在がん、泌尿器系悪性腫瘍(腎臓、尿管、膀胱、前立腺)、原発性肝がん、白血病
注)これらのがんが原発巣の場合は診断が難しくなりますが、転移・再発のがんでは有効性があります。

これらのPET検査が不得意ながんは、MRIや超音波検査などの別の検査を併用することで、検査精度を高めています。

西台クリニックで調べられるがん

ご予約はこちらから PET検査割引特典 人気アクセスランキング
あなたに最適なコースは?

西台クリニック

院内待合室

〒175-0082
東京都板橋区高島平1-83-8

都営三田線 西台駅 徒歩1分

■一般の検査のお問い合わせ
050-3542-5807

■医療機関の方はこちら
03-5922-0702

地図
ページトップへ