HOME > はじめて検査を受ける方へ > 心臓検査について

心臓検査について

早期発見が大切な心臓病

PET検査

心臓病は、がんに次いで日本人の死因第2位となる病気です。高齢者だけでなく40〜50代の働き盛りに多いのが特徴で、予兆もなく突然発作が起こり命を落とすこともあります。
「最初の発作が最後の発作」と言われるように、アメリカの心臓病学会の報告によると、心筋梗塞等で亡くなる人の50〜60%が、それまで何の予兆もなく、初めての発作で亡くなっているそうです。

そのため、発作が起こる前に、心臓の状態や心疾患の原因となる動脈硬化について定期的に検査を行って、早期発見に努めることがとても有効です。
西台クリニックでは、「心臓スクリーニング」で心疾患を総合的に検査を行っています。

心臓検査で調べられる病気

心臓検査では、心肥大、弁膜症(弁の異常)、不整脈、狭心症、心筋梗塞、動脈硬化などの心疾患全般を調べる事ができます。

心臓病の種類

心臓病は生活習慣病の一つであり、自覚症状の無いまま進行してしまう危険があります。症状が出る前の危険因子(リスク)、や無症状の時点での早期発見を目的としています。

心臓検査の項目

心臓超音波検査

超音波による検査です。リアルタイムで動いている心臓の画像の動きを調べるのに適しています。身体への負担がなく、放射線を使用しないので被ばくの心配がありません。

脈波測定

両手両足の血圧を同時に測定することで、脈が伝わる状態を調べることができ、動脈硬化を調べることができます。

血液検査

心臓病は、動脈硬化や不静脈などが原因となって起こります。それらの危険因子を調べるために心臓ドックでは血液検査を行います。

ご予約はこちらから PET検査割引特典 人気アクセスランキング
あなたに最適なコースは?

西台クリニック

院内待合室

〒175-0082
東京都板橋区高島平1-83-8

都営三田線 西台駅 徒歩1分

■一般の検査のお問い合わせ
050-3542-5807

■医療機関の方はこちら
03-5922-0702

地図
ページトップへ