HOME > はじめて検査を受ける方へ > 心臓検査について > 心臓スクリーニングとは

心臓スクリーニングとは

超音波・心電図・脈波測定を併用した心臓を調べるコース

身体に負担のない超音波検査は心臓専門の臨床検査技師が行います。体に負担の少ない検査で心臓の肥大の有無や、弁、壁の動きを観察して心臓の病気を調べます。

心臓超音波検査

超音波装置

超音波検査は、体の外側から超音波(人間の耳には聞こえない高周波の音波)を当てて、返ってくるエコー(反射波)をコンピューターで画像化して臓器の状態を調べる検査です。
身体への負担がなく簡単に行え、放射線なども使用しないので、安心して受けることができます。
また、リアルタイムに動いている画像を映し出すことができるので、心臓の動きを調べるのに適しています。
心肥大、弁膜症(弁の異常)、心臓のポンプ機能などが調べられます。

心電図

心臓の電気信号を、波形化する心臓検査です。
心臓は、拡張と収縮を繰り返して全身に血液を送ります。その際に発生する微弱な電流の変化を波形にすることで、波形の乱れから異常を見つけることができます。
検査台に横になって、両手首、両足首、胸に電極を取り付け、電位変動を測定します。
不整脈、狭心症、心筋梗塞などの心疾患が調べられます。

心不全マーカー検査

血液検査で心臓の状態を調べる検査です。BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)の血中濃度を測定することで、心不全の早期診断に有効です。
BNPは心臓から分泌されるホルモンで、心臓に負担がかかっている時に多く分泌されるため、その血液中の濃度を測定することで心臓の状態を調べることができます。

脈波測定

動脈硬化を調べる検査です。
心臓病は動脈硬化が原因となることが多いため、危険因子を測定します。

血液検査

心臓病は、高血圧や糖尿病などが危険因子となるため、心臓スクリーニングでは血液検査でそれらの異常を検査します。

ご予約はこちらから PET検査割引特典 人気アクセスランキング
あなたに最適なコースは?

西台クリニック

院内待合室

〒175-0082
東京都板橋区高島平1-83-8

都営三田線 西台駅 徒歩1分

■一般の検査のお問い合わせ
050-3542-5807

■医療機関の方はこちら
03-5922-0702

地図
ページトップへ