HOME > 「がん」にならない体 > がんの早期発見のために > そもそも「がん」ってどんな病気?

そもそも「がん」ってどんな病気?

毎日5000個のがん細胞が作られる

がんとは、簡単に言えば、「細胞の遺伝子が傷ついて起こる病気」です。
じつは、私たちの体のなかでは、毎日、数千個単位で「がん細胞」が生まれます。いわゆる「がんの芽」です。
これは、どんなに健康な人だろうと例外ではなく、その数は、5000個とも言われています。
ただ、がんの芽が生まれても、すぐに発病するわけではありません。
私たちの体には、がんの芽を抑える免疫監視システムが備わっているからです。
免疫細胞が、毎日生まれるがん細胞を、小さな芽のうちにつぶしてくれているのです。

ただ、がんの芽の量があまりにも膨大で、そこに免疫力の低下などの要因が重なると、免疫システムがうまく働かず、がんの芽を取り逃すことになります。これが、がんに成長していくのです。
体は60兆個もの細胞からできています。そして毎日、数千億単位の細胞が寿命を終え、代わりに同じ種類の新しい細胞が誕生します。これが「新陳代謝」です。
このとき、発がん物質で傷つけられたり、突然変異を起こしたりした細胞の遺伝子(DNA)が生まれることがあります。また、正常でない細胞ができる場合おあります。これらが、「がんの芽」となるのです。

発がんの発生と成長の原因

遺伝子を傷つける原因となる発がん物質には、いくつかの種類があります。
ストレスなどで発生する活性酸素(酸化力が強く毒性を持つ酸素。呼吸で体内に取り込まれた酸素の数パーセントが変化)、タバコに含まれるタール、紫外線、大気汚染、放射線、ウイルス、細菌・・・などが代表的です。

もちろん、不適切な「食習慣」も遺伝子を傷つける原因となります。
がんは正常な機能を失った、たった100分の1ミリの大きさのがんの芽が、体全体の調和を無視し、どんどん増えて大きくなっていく病気です。
免疫システムを逃れたがんの芽は、最初は1個でも、すぐに2個、4個と倍々に分裂して増殖していきます。
やがて長い歳月を経て、がんの芽はかたまりになり、検査で見つかる大きさ(およそ1センチで1グラム)にまで成長します。

がんの芽は、まわりの正常な組織に入り込んだり(浸潤)、血管やリンパ管を通って体のいたるところに移動したりして増殖します(転移)。そして体に必要な栄養を横取りして成長、増殖を繰り返し、体を衰弱させていくのです。

がんの芽は、加齢とともに量を増やしていきます。
その一方で、がんの芽をつぶす免疫の働きは20歳前後をピークに衰えていきます。
ですから、歳を重ねるほどに、免疫の監視を逃れて生き残るがんの芽が多くなり、体内のがんの芽が生まれ育ちやすい環境になっていくのです。

長生きすればするほど、がんのリスクが高まる。つまり、「がんは老化」だということです。
世界一の長寿国(平均寿命が女性が86歳で、男性は80歳)の日本が、「世界一のガン大国」であるのは、ある意味、当然と言えるでしょう。

がんの原因は生活習慣に

とはいっても、がんのリスクを低くすることは、さほどむずかしい問題ではありません。糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病と同じように、がんもまた、生活習慣に原因のある病気です。
ですから、がんを予防するとは、「食生活」「運動」「睡眠」などの生活習慣全般を見直す、アンチエイジング(抗老化)そのものと言えます。

当サイトでは、がん予防・治療に大きな成果を上げている「済陽式食事療法」を紹介しています。がんの予防効果があるのですから、糖尿病をはじめとした生活習慣病にも大きな効用をもたらすことは言うまでもありません。

ご予約はこちらから PET検査割引特典 人気アクセスランキング
あなたに最適なコースは?

西台クリニック

院内待合室

〒175-0082
東京都板橋区高島平1-83-8

都営三田線 西台駅 徒歩1分

■一般の検査のお問い合わせ
050-3542-5807

■医療機関の方はこちら
03-5922-0702

地図
ページトップへ